スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

注目

布ぞうり作り

先日、藍布舎のアトリエで布ぞうり作りをしました。 コロナで、ステイホーム、ソーシャルディスタンスが続き、ここ数ヶ月、なかなか集まることができなかったのですが、ようやくハワイ島は少し緩くなり、また、和気藹々と一緒に手を動かすことができるようになりました。








より履きやすく、出来るだけ、自然のものを使い、作ること心がけています。
ここでは、大判の古いシーツを裂いて編むことにより、布の継ぎ目が少なくてすみます。そして、古いシーツは適度に柔らかく、扱いやすいです。
大きさを同じにするために、左右同時進行!

それぞれ編む人により、硬さなどは変わってきます。手が慣れてくると作業も早くなります。




スタッフが焼いてきた、熱々パンを食べながら、おしゃべりにも花が咲きます♪

しかし、縫い物とは違う力を必要とし、意外に肩が凝る!




鼻緒に何が適しているか、鼻緒の編み方、処理の仕方、などなど、
色々試しています。



常夏のハワイでは、この布ぞうりは気持ちよく、洗って、干して、 傷んだら繕って、長く履いていけるものを作って行きたいですね。

藍布舎では、これから、色々な形で、みなさまと 「アップサイクルものつくり」をして行きたいと考えています。

来年1月半ば、手仕事を食をテーマに、 「暮らしぶりワークショップ」を企画しています。 どうぞお楽しみに。










最新の投稿

パッチワークトート

ビーチまでの散歩

ミシンのお手入れ

アップサイクル 藍布舎

小物つくり

無心につなぐ

人を楽しませてくれるものには国境も年代もない

藍布舎 インディゴマーケットハワイのアトリエ